新型ジムニ-の最新情報サイト解禁!カタログ請求と注目ポイントを探る

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

 

来ました―――!!!

新型ジムニーとジムニー・シエラに関するSUZUKIによる先行情報サイト

ここを見ると新型モデルについて正確な情報を得られます。

先行情報サイトの注目ポイントはどこでしょう?

そして・・・・一方で

まだ謎もあります。

では、その謎とは?

「新型ジムニ-の最新情報サイト解禁!カタログ請求と注目ポイントを探る」

をお読みください。

 

スポンサーリンク

新型ジムニーの最新情報サイトの内容

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

そうです!!

ついに登場しました。

6月18日よりカタログが登場すると聞いておりましたが・・・

この先行情報サイトの事だったのですね。

リーク最新情報も微妙なところです。

では、一緒にこの満を持して登場したSUZUKIの先行情報サイトの内容を共に見てまいりましょう。

ジムニーのDNAが新型ジムニーへ

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

これは以前にも紹介しておりました画像です。

「世界を踏破してきたジムニーの世界」と題しましてこれまでの歴史を振り返ります。

 

しかし、素晴らしい歴史です。

なんせ1970年!社内でも笑われながらも耐えて開発したと言われる4WDオフローダーであるジムニー!!

これが大ヒット!!!

ジープとミニを掛け合わせてジムニーっていう言葉を作ったらしいですが、なかなかセンスあるネーミングだと思います。

 

2代目のジムニーもかっちょイイです!!!

ホントに小さいジープ!!って感じ❤❤❤

必要最低限の車体もすがすがしさを感じますっ!!

 

そしてマイルドに現代的になった3代目ジムニー

このモデルが20年も続くとは・・・信じられない・・・

大抵4年か5年でモデルチェンジするものです。しかし・・・

20年とは・・・

 

そしてこれらのDNAを引き継いで生まれたのが

  • 新型ジムニー
  • 新型ジムニー・シエラ

なのです!!!

 

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

左が新型ジムニーのキネティックイエロー色

右が新型ジムニー・シエラのジャングルグリーン色

 

外観も伝統を引き継いだ形になってます。

3代目ジムニーが若干丸みを帯びた現代的なスタイルだったのに対し

新型ジムニーは伝統的なカクカクスタイルに戻りました!!

これにズッキューン!!!

 

そしてDNAは外見だけではありません。

内部的にも引き継がれました。それが・・・・

 

新型ジムニーに何が受け継がれたのか

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

こちらで挙げられる

  • ラダーフレーム
  • エンジン縦置きFRレイアウト
  • 副変速機付パートタイム4WD
  • 3リンクリジッドアクスル式サスペンション

なのであります!!

この辺詳しくはまた別の機会に!!

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

新型ジムニーの主な装備

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

こちらは今までお伝えしていた点と同じ内容ですね。

左から上位モデルとなっております。

XC ➡ XL ➡ XG

こう見比べるとXCが欲しくなりますよね!!

 

そして、ジムニー・シエラもあります。

 

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

同じく左から上位モデル

JC ➡ JL

ただ新型ジムニーとは違い2クラスしかありません。

それで、JLだったとしても装備は、新型ジムニーでいう所のXLクラス、つまり中間モデルと同じ装備が付いております。

 

続いてこの先行情報サイトの注目ポイントを探ってまいりましょう。

カタログ請求を除いても、三つほどあります!!

まずは、新型ジムニーと新型ジムニー・シエラのカラーバリエーション情報です。

 

スポンサーリンク

新型ジムニー最新情報サイトの注目ポイント

今までカラーの名前は分かっておりました。

しかし、実際にジムニーに配色された場合、どんな風になっているのかは想像するしかなかったのです。

それが、明確になりましたね。

ですので注目ポイントの1つ目です!!!

 

新型ジムニーのカラーバリエーション

 

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

例えばこの配色!!

キネティックイエローにブラックトップ2トーンです!!

おおーー!!引き締まる!!

チョーカッコいいじゃないですかぁ!!

単なる黄色とは大違いだぁーーーー

新型ジムニーのXCにしかできない配色ですが、これがくっきりと明らかになりました。

 

新型ジムニーの色のバリエーションに関しては長くなりますので、もう一度別の記事で特集をしたいと思います。(⌒∇⌒)/

 

そして、新型ジムニーや新型ジムニー・シエラにはこの安全装備も装備可能!!

注目ポイントの二つ目ですっ!!!

 

新型ジムニーの新しい自動ブレーキ

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

デュアルセンサーブレーキサポートです。

3段階になった自動ブレーキシステムを搭載することが可能!!

  1. まずは、ブザーが鳴り、危険が表示される
  2. 次いでブレーキを踏む力をアシスト
  3. 最後に自動ブレーキ

うん。なるほど。

このほうが頼りっきりにならないだろうし危険が早めにわかりますね。

 

最後の先行サイトのポイントはこちら・・・

どうやらジムニストを盛り上げる企画があるようです。

 

ジムニー写真投稿キャンペーンの知らせ

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

あなたの愛車ジムニーの写真を投稿するキャンペーンなるものが始まるようですよ。

応募すると毎月1名にジムニーのミニカーが当たるようです。

 

 

スポンサーリンク

新型ジムニーのカタログを請求しよう

(出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/)

 

さて、6月18日から配布されると聞いていたカタログですが・・・

実は、6月18日からカタログの予約ができるという事だったようです。

上の画像からもカタログ請求のページに移動できますよ。

でも、まずは下をお読みください。

 

スポンサーリンク

新型ジムニーの最新情報カタログ請求の謎?

 

(出典:新型ジムニー・新型ジムニーシエラ カタログ予約受付フォームより)

 

上記フォームに記入してカタログを請求します。

SUZUKIは公式サイトからも、気になる自動車のカタログを3種類まで同時に請求できます。

カタログ請求は1日に1度だけです。

そこは良いのですが・・・

請求後、すぐ発送じゃありません!!

 

カタログいつ来るの????

「新型ジムニーとシエラの発表後、随時発送」

となっております。

 

という事は・・・・

まだ発表日が決定していないのでしょうか!

 

確かにこのサイトでも頭っから

 

7月デビューとしか書いてありませんね。

7月であることは間違いなさそうですけど・・・・

 

7月5日なのか?

もしや7月31日とか・・・・

それだと、だいぶ違うじゃないですか!!!!

うーん。この辺、はっきりしませんね。

謎です。

 

追記6/25:本日先行サイトにアクセスすると「発売まであと10日」とありました。カウントダウンするようです。やはり7月5日発売で間違いなさそう!

 

スポンサーリンク

新型ジムニー最新情報サイトのまとめ

さて、いろいろとリーク情報が錯綜する中、SUZUKI自らが先行サイトを作り、最新情報を流してくれたことはありがたい事です。

これである程度、情報の信ぴょう性が高まりましたからね。

それにしても発表の日がよく分かりませんが・・・・

そして、ここでは価格についても伏せられていますね。

今さら、そこは違ってないと思いたいですが・・・

 

 

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

 

(スズキ公式サイトより)

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

 

(スズキ公式サイトより)

 

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけどけっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きません…

( ‘;Ω; `)ウゥゥ

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

( ;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!