新型ジムニーのアクセサリーカタログ!これを付ければ超モテモテ!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

 

新型ジムニーの勢いが止まりません!

♪~♬ 2018年7月5日正式発表 ♫~

新型ジムニーのアクセサリーカタログの情報も入ってきました。

これ見てると欲しくてたまらなくなるのは私だけじゃないはず・・・

新型ジムニーのアクセサリーカタログ!これを付ければ超モテモテ!

それで、一緒に見て

ニヤけましょう

(・∀・)ニヤニヤ

 

スポンサーリンク

新型ジムニーのアクセサリカタログはコレ!

 

これがアクセサリーカタログらしい!

ちょっと見にくいけど・・・

なんとなくそれっぽいのは分かるかも。

 

では、もうちょっと拡大してみて

どんなのが用意されているのか一緒に探ってみましょう!

 

スポンサーリンク

【新型ジムニーアクセサリ】① フロントグリル

 

まずは、フロントグリルです。

左が新型ジムニーの純正グリル

そして右がアクセサリー品です。

どっちがモテる?

フロントグリルって何?って方はこちらから

フロントグリルとは?

車の正面にある網状の部分。ここは車の顔とも言える部分ですので外車などでは印象的なデザインのものが増えています。

フロントグリルの機能とは?

デザイン的なものに加えて、主にエンジンやラジエーターに空気を取り込む役目を果たします。それによって冷却を促し、ボンネット中の熱を冷まします。

エアコンの空気を取り入れるという要素もあります。

 

個人的には純正品の方がカッコいいように思えるのは私だけ?

写真写りの問題もあるかな????

皆さんはどう思います?

 

次なるアクセサリーはサイドをおしゃれに・・・

 

スポンサーリンク

【新型ジムニーアクセサリ】② サイドデカール

 

拡大していてもかなり見にくいのですが、右下に「リバイバルァ」の文字が見えまして、その下にサイドデカールと小さく記されています。

 

サイドデカールとは?

もう少し別の写真でご説明いたしましょう。

こちらはジムニーJB23です。このサイドに赤いステッカーがありますね!

これがサイドデカールです。

 

(出典:http://www.monster-shop.jp)

 

デカールって何?
デカールというのは、転写法を意味する英語(decalcomania)とフランス語(decalcomanie)からきているようです。
ちょっと省略してデカールになってます。
意味は加工を終えた貼るだけの状態のシートという事。

 

新型ジムニーのサイドデカールどうですか?

ちょっと小さいけど・・・

なかなか凝ったデザインですよね!

新しいのかな????

どっかで見たような気もしますが・・・

 

続いては、ジムニーは背中もカッコよくなきゃ!!

これならモテモテ???

って事で・・・・・・・・

 

スポンサーリンク

【新型ジムニーアクセサリ】③ タイヤカバー

 

スペアタイヤハーフカバーデカールです。

またもやデカールですね!!

ジムニーの背中にはスペアタイヤのハーフカバーが良く似合います。

ここをデカールする訳です。

 

デザインとしては、

  • ツールギア
  • カモフラージュ
  • リバイバル(が二つ)
  • カタカナ/ジムニー
  • 不明(読めません)

6種類位あるのでしょうか?

カタカナの「ジムニー」ってのはなんかレトロっぽくて好きです。

「鉄腕アトム」って感じしますね。

古すぎか・・・・

 

JB23でもこんなのが純正でありました。

 

 

「SUZUKI Jimny」とカッコよくデカールされてます。

コッチの方が近代的なデザイン

 

 

「SUZUKI SPORT」ってのもカッコいい!!

シンプルで良いですよね。

全体的なデザインとして、新型ジムニーは昔のカクカクスタイルに戻りましたが、各所のデザインもひと昔前のものにこだわってる感もありますかねぇ。

 

新型ジムニーオフロード車として欠かせないアイテム

オフロード車として欠かせないアイテムとして以下の5つが紹介されています。

マッドフラップセット

タイヤの後ろについている泥除けです。

これがあると後続車に泥はねしません。

特にぬかるんだ山道なんかをつるんで走る場合は重宝じゃないですか。

泥はねしてたらモテませんね・・・

自分の車の下回りも泥だらけになっちゃいますし。

 

マットの色は赤と黒の2種類に見えます。

そこに文字が入っているかどうかの違いで全4種類ってとこでしょう。

赤はチャームポイントとしても目立って良いかも知れません。

 

新型ジムニーのロッドホルダー

釣りに行く方には欠かせないアイテムでしょう。

ジムニーで「釣り人」って多いです。

これは車内の天井部分にスキーのキャリアみたいなのを取り付けて釣り竿を刺せるようにするホルダーです。

付けておくと、他にもいろいろ使い道ありそうですね。

 

新型ジムニーサイドアンダーガーニッシュ

 

乗り降りする部分のステップ部分のガーニッシュになります。

ガーニッシュって「飾り」という意味だそうですね。

確かにガーニッシュを付けるのは装飾以外にありません。

確かにちょっともっこりしてカッコよくなります。

 

お次は車内のインテリアアクセサリーです。

 

スポンサーリンク

【新型ジムニーアクセサリ】④ インテリア

 

インテリアアクセサリーと呼ばれる一群です。

なんだかいろいろあるようですが、小さくて見えませんね。

見えるものだけ拾っていきますと・・・

 

シフトゲートパネル

 

こちらはJB23の純正シフトゲートパネルです。

ウッディ調の高級感溢れるパネル。

右側、黒のシンプルなパネルも良いですよね。

 

本革ステアリングカバー

(出典:http://www.j-osaka.net/)

 

写真はJB23のものです。

ステアリングの操作性や安全性を高めるのに一役買いそう!

本革だと手に馴染むんですよね。

 

JB23にもたくさんのインテリアアクセサリーありました

 

 

ウッディ調とカーボン調に分かれております。

これもそろえるとなかなかスタイリッシュ!

モテモテ❤アイテム!

 

 

スポンサーリンク

【新型ジムニーアクセサリ】まとめ

アクセサリーって見ていて飽きませんねぇ。

皆さんは純正がお好きですか?

それともカスタムする派?

 

自分としては、ガンガンカスタムしたいのですが、先立つものも必要です。

結構しますので。

計画的にカスタマイズしていきたいものです・・・・

 

新型ジムニーが出るとしばらくは純正しかアクセサリーはないかもしれません。

やがて、数か月たってくると続々と安めの社外品も出てくるのでは?

そうなると楽しみも増えます。

でも、あるものはもっと安くすることもできますよ

 

手作りのアクセサリーを付けるのです。

手作りであれこれ揃えているツワモノもおられますし・・・

何と言っても世界に一つだけなので個性あふれた車となり良いですね!

 

特にサイドデカールなんかは手作りでもできるようです。

「ジムニー」とカタカナで書いたスペアタイヤハーフカバーデカールがありましたが、同じように車のサイドにも「ジムニー」とカタカナで書いてみるなんてどうでしょう?

ちょっとダメかな????

 

それにしても!

自分の好みのデザインを作って車に貼り付けるなんてスゴイ楽しい!!!

これを機会にちょっとやってみたいかも???

 

カッコ悪くなっちゃったら、それもいい勉強でしょう。

 

うまくできるようなら注文が殺到するかも知れませんよ!!!

そしたら今はやりの副業開始ですね~

ネットで注文取って個性的なサイドデカールを売っていくわけです。

儲けたらもう一台ジムニー・シエラ買いましょう(笑)

 

新型ジムニーに関してこちらもどうぞ

【新型ジムニーのカラー選び】山で海で街で全色をシーン別に検討してみた!

新型ジムニーの色選びでこんなに違う!!事故率、査定額、性格などなど!

新型ジムニーの価格はいくら?内装はどうなってるの?カラーは?

 

新型ジムニーがほしい!

新型のジムニーってカッコ良いですよね!

シエラも最高!!

ピカピカのジムニーで街を走るだけじゃなく、山に川に出かけてグイグイ走らせたい!!

あんな凸凹の道もジムニーなら楽々走れちゃいます!!

 

(スズキ公式サイトより)

高性能なエンジンでどんな険しい道だって

ドンドンいっちゃいます!

どんな悪路でも対応できますよ。

ジムニーでは、2H⇄4H⇄4Lの切り替えをダイレクトにトランスファーレバーで操作!

パートタイム4WDの威力を発揮します!!!!

こいつと一緒なら悪路もエンジョイ!

 

(スズキ公式サイトより)

 

今までのジムニーも良かったのですが、更に感動モノに高性能なのが新型のジムニーです。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

 

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけどけっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きません…

( ‘;Ω; `)ウゥゥ

 

ジムニーの情報をネット検索や
友人に尋ねても、
教えてくれるのは車の性能だけ…

費用を安くする方法なんて、だぁーれも教えてくれません。

家族にちょっと相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえません。

 

下取りより買取!

私の8年乗った車、
ディーラーの下取り価格では、
他社からの乗り換えだから
とおまけがあり、
10万円でした。

( ;∀;)・・・

新車の値引きの方は、この時点で
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方なんです!
「もうちょっとお願い!」
とは言えなかったのです。

ここで、いったん保留にしました。

 

でも!
なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円

も安くなったのです!

もちろんおかげで最上位グレードで
オプションだらけ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額にしたい方!

あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使う
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!